2016年5月16日月曜日

雌蟹と雄蟹は、どっちがおいしい?

あじび「中国リアリズムの煌めき」展で展示中の、蟹だらけの中国画作品、姜海昌《豊漁の蟹》。

5月14日(土)のイベントで、今泉の薬膳料理「天地・礼心」の尹玉(いんゆ)さんと一緒に、展覧会会場を回りました。薬膳の観点から見ると、蟹は熱くなったからだを抑える効果があるとのこと。
でも、尹玉さんが説明してるのは、蟹に美味しさについて!10月が上海蟹のシーズンですが、雄蟹の方が雌蟹より濃厚な部分があって美味しいので、中国でお店に行ったら、店頭の蟹の山から、しっかり雄を選んで、料理を依頼するのが現地流ですって。


さて、どっちがおいしい雄蟹でしょう!?


「中国リアリズムの煌めき」展は、5月22日(日)まで開催。
ぜひ、確かめにきてください。

(答えは、下の写真が、雄蟹です。)

0 件のコメント:

コメントを投稿