2016年5月25日水曜日

6月4日(土) 「滞在者によるトーク」 開催します!

 福岡アジア美術館では、受入支援事業として5月より2名のアーティストと1名の研究者が滞在いたします。3名はそれぞれ作品制作やワークショップ、調査・研究など、さまざまな交流活動をおこないます。
 今回のトークでは、ティダラットさんには福岡で制作した作品について、キ・スルギさんとパン・ルーさんには、福岡での活動内容やこれまでの活動についてお話しいただきます。ぜひご来場ください。


■日 時 2016年6月4日(土)14:00~16:00
■会 場 交流スタジオ(8階)
■入場無料・逐次通訳(事前申込不要)

[ ARTIST/RESEARCHER TALK ]
Our resident artist/researcher will give a talk on June 4th. Thidarat Chantachua (Mariam) from Thailand will talk about her works in Fukuoka. Ki Seulki, an artist from South Korea, and Pan Lu, researcher from Hong Kong, will share their previous works and their projects in Fukuoka.
Please come to meet the artist/researcher!

DATE: June 4th (sat) 14:00-16:00
VENUE: Open Studio (8F)
* Free of charge * No reservation required * With Thai-Japanese, English-Japanese interpretation


[滞在者紹介 ARTISTS & RESEARCHER]

ティダラット・チャンタチュア
◎ティダラット・チャンタチュア / Thidarat Chantachua
1992年、タイ・バンコク出身。昨年「大華銀行絵画展」(シンガポール)で優秀賞を受賞した、刺繍と水彩を組み合わせた平面作品を制作するアーティスト。福岡では、5 点の作品を制作中。
(滞在期間:5月11日~ 6月9日)

Born in 1992 in Bangkok, Thailand.  Thidarat won the first prize in Thailand's UOB Painting of the Year contest.  Her work combines embroidery and water color.  Since her arrival in Fukuoka, she has been researching the area, and are now making works based on her experience here. (Residency period: May 11 - June 9)





 
キ・スルギ
◎キ・スルギ / Ki Seulki
1983年、韓国・ソウル出身。ソウルとイギリスでメディアアートを学び、写真や映像、インスタレーションを制作するアーティスト。福岡では、人々が感じる危険や恐れをテーマとした写真作品の制作をおこなう。
(滞在期間:5月30日~ 6月29日)

Born in 1983 in Seoul, Korea.  She learnt media art both in Seoul and England, and has been working in the field of photography, video, and installation.  In Fukuoka, she is planning to work on her photographic project based on her interview to the people in Fukuoka. (Residency period: May 30 - June 29)





パン・ルー(潘律)
◎パン・ルー(潘律)/ Pan Lu
1981年、中国・上海出身。香港理工大学中国文化学部准教授。アジアにおけるアートアーカイブについて研究している。福岡では当館の資料を用いたアーカイブ研究のほか、当館の活動についても調査をおこなう。
 (滞在期間:5月21日~ 6月22日)

Born in 1981 in Shanghai, China.  She is an assistant professor of Chinese Culture in the Hong Kong Politechnic University.  She is researching art archive in Asia, and will research the archival material of FAAM and interview people. (Residency period: May 21 - June 22)

0 件のコメント:

コメントを投稿