2016年8月23日火曜日

[アジア美術トーク] タン・ダウの軌跡、再び ― シンガポール・福岡

タン・ダウ、パフォーマンス「家」1999年、福岡アジア美術館、撮影:今村馨

[アジア美術トーク] タン・ダウの軌跡、再び ― シンガポール・福岡

日程:2016年8月28日(日)14:00-16:00
会場:福岡アジア美術館 交流スタジオ(8階)

シンガポールのみならず、東南アジアの現代美術を牽引してきた美術作家タン・ダウ(1943年まれ)の活動をふりかえるトークを開催します。タン・ダウは、福岡とも縁が深く1991年には福岡市美術館で個展を開き、1999年には福岡アジア文化賞を受賞しています。今回は、東南アジア美術の研究者お二人、後小路雅弘氏(九州大学大学院人文科学研究院 教授)とシャーメーン・トー氏(シンガポール国立美術館 学芸員)を招いて、タン・ダウの初期作品から現在までの活動の軌跡をたどります。

なお、トークにあわせて、当館アジアギャラリーでは、タン・ダウの所蔵作品5点と、1991年に福岡市美術館で行われた2つのパフォーマンス映像を展示しています。あわせてご覧ください。※9月6日(火)まで
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/event/detail/435



[Asia Art Talk] Trajectory of Tang Da Wu Once More: Singapore - Fukuoka

Date: 28 August (Sun) 14:00-16:00
Venue: Fukuoka Asian Art Museum, Open Studio (8F)
Speaker: Ushiroshoji Masahiro (Professor, Faculty of Humanities, Kyushu University), 
Charmaine Toh (Curator, National Gallery Singapore)

We are pleased to announce our special talk on Singaporean artist, Tang Da Wu (born in 1943), who has lead the contemporary art scene of Singapore and Southeast Asia for many years. Fukuoka has a close link to Tang Da Wu since his first solo exhibition at Fukuoka Art Museum in 1991. Tang Da Wu also received Fukuoka Asian Cultural Prize in 1999. In this talk, we'll invite Ushiroshoji Masahiro (Professor, Faculty of Humanities, Kyushu University), Charmaine Toh (Curator, National Gallery Singapore), and follow the artistic career of Tang Da Wu.

As a part of this special event, we are now showing five works of Tang Da Wu and two video documentation of his performance in Fukuoka Art Museum in 1991 in Asia Gallery until 6 September. Please do not forget to stop by.

「Earth Work」展(National Museum Art
Gallery, Singapore、1980年)のポスター
現在展示中のタン・ダウのコー

0 件のコメント:

コメントを投稿