2020年5月17日日曜日

#おうちであじび ✂おうちであそぼう🖌 Vol.7 ワークショップ:「箱形カメラ人間になろう!」(チェン・サイ・ファ・クァン/シンガポール)

#おうちであじび
おうちであそぼう🖌 
Vol.7 ワークショップ:「箱形カメラ人間になろう!」(チェン・サイ・ファ・クァン/シンガポール)

このワークショップは、2013年にあじびに滞在したシンガポールのアーティスト、チェン・サイ・ファン・クァン(サイ)さんが小学6年生134人と行なったものです。
ワークショップは、ピンで穴を開けた段ボールの箱をペイントして頭から被り、いろいろな場所で箱の中に写るイメージ(像)を見る、というものでした。その際、サイさんがカメラの仕組みを説明するために、暗くした部屋の窓からピンホールで光を取り込んで部屋の中にイメージ(像)を写し出して見せてくれたのがとても面白かったので、紹介します。
 皆さんのお部屋でもぜひ試してみてください!



【準備するもの】
 ・遮光カーテン、段ボール、板など、窓を塞ぐもの
 ・10×10cmくらいの黒くて透けない紙、またはベニヤ板など
 ・キリや針など穴を開けるもの
・ガムテープ
 ・白い厚紙、パネル、トレーシングペーパーなどイメージ(像)を写すもの


【作り方】


①10×10cmのベニヤ板(または黒くて透けない紙など)にキリや針などで小さな穴を開ける










②ベニヤ板を窓に固定する 















③遮光カーテンなどで窓を塞ぐ



④ピンホール以外から光が入らないようにする




⑤部屋の明かりを消して、白いパネルなどにイメージ(像)を写してみましょう。
白いパネルを動かして像を結ぶ場所を探してください。トレーシングペーパーはイメージが透けてきれいに見えます。
上の写真は、美術館の窓からアンパンマンミュージアムの天井を写し出したものです。
実物はもっと鮮明に、イメージ(像)は、逆さまに写っています。
車が走っている様子などを動画で見ることもできます。


◇サイさんの滞在中の活動(2013年)はこちら




#カメラオブスキュラ
#チェン・サイ・ファ・クァン
#workshop
#pinholecamera
#cameraobscura
#chensaihuakuan

[耳]

1 件のコメント: