2016年10月6日木曜日

ニ・クン再来

2014年にアジ美のレジデンス研究者だった重慶のニ・クンらをキュレーターとする、日本・中国・タイ作家の展覧会Hotel Asiaが、10月8日から30日まで小倉のGallery SOAPで開かれます。(そのあと中国の二都市、バンコック、東京芸大でも開催)。8日にはタイのPisitakun Kuantalang、東京芸大の毛利嘉孝とのトークもあり。
(参考)ニ・クンの福岡滞在中に同展ディレクターの宮川敬一らとおこなったトークは下記。
あじび美術講座2014 重慶~福岡・北九州 アーティスト・ラン・スペースのいま
Hotel Asia, exhibition of artists from Japan, China and Thailand, co-curated by Ni Kun who joined FAAM residence program in 2014 will open at Gallery SOAP on Oct 8 through 30, followed by tours to two cities in China, Bangkok, and Tokyo University of the Arts. On 8, Ni Kun will talk at the opening, with Pisitakun Kuantalang (Thailand) and Yoshitaka Mouri (Japan).
(ししお/Shishio)

0 件のコメント:

コメントを投稿