2020年6月1日月曜日

#おうちであじび 🎤おうちで何してる?(アジアのアーティスト編)🎤 Vol.4

※English below※

本シリーズでは、レジデンスプログラムや展覧会であじびに滞在したことのあるアーティストに、今住んでいる街の様子や自身の状況、また現地での芸術活動についての報告を紹介していきます。第4回目は、台湾在住のアーティスト、キャンディー・バードさんからの現地報告です。

第4回:キャンディー・バード (アーティスト / 台湾)


1982年、台北に生まれる。2006年、華梵大学芸術学部卒業。街の中の巨大な壁面に、社会や歴史に取材した人々の姿を描き出すアーティスト。

[招へい] 2019年2月18日〜2019年3月29日

滞在中の活動
東アジア、文学、壁画、ストリートアートにフォーカスしたアート・プロジェクト「アザーズ(他者)」を実施した。移住者や自分の場所になじめずに疎外感を抱く人々などを取材して、彼/彼女らに私的な物語を書いてもらい、それらを壁画に描き出した。完成した作品は、同年10月に開催された「博多旧市街まるごとミュージアム」に出品された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020年5月04日

連絡ありがとうございます。この困難な時代だからこそ、お互いがより繋がっていければと思います。

私は今台北にいます。(新型コロナウイルスの)状況はそこまでひどくなかったので、私を含め多くの人が台湾に住んでいてよかったと感じています。こちらは普段通りの生活で、美術館やギャラリーも開いています。唯一残念だったことは、ウイルスをめぐって台湾とWHOのあいだで起きた政治ドラマをインターネット上で目にしたことぐらいです。

3月から5月9日にかけて台北で個展を行っていました。新型コロナウイルスの影響で、ギャラリーでも体温の計測、マスクの着用、実名での予約制等、厳格な措置が取られていました。オープニングに全員マスクを着けて参加してくれた光景は、私にとってもいつもと違うユニークな経験になりました。個展の方も結果的にはうまくいったと思います。

今は、今年の夏に予定されている嘉義市立美術館でのグループ展に参加するため、嘉義市の歴史に関するアートプロジェクトを準備しています。嘉義市は、日本統治時代に優れた美術作家たちを輩出したこともあり、台湾の美術史のなかでもユニークな地位を占めています(野球でも有名です)。

台湾の感染症対策については、海外からの情報が信頼できないこともあり、政府はかなり早い段階で独自の感染症対策を整えていました。また、台湾では2003年頃のSARSの苦い経験を皆がまだ覚えていたという点もあります。現在、台湾の状況は良くなってきているようです。今日(5/4)の時点では、一名の感染者が確認されただけです。もちろん、まだ心配はありますが、世界の状況が良くなっていくことを願うばかりです。

私の仏教の師であるリンチェンドルジエ・リンポチェが、地上の生命がどのようにして感覚を持って生まれてくるのかについて、仏陀の説話を話してくれました。仏陀によると、生命は「胎生(胎内から出生するもの)」と「卵生(卵から出生するもの)」、そして「湿生(ダニのように湿り気、水気がある場所から出生するもの)」があり、さらに転生することなしに変化を生み出す「化生」という分類があり、ウイルスはこの「化生」に分類されるとのことです。

ウイルスが人間を傷つけるのは、人間が動物を殺したり傷つけたりすること(肉食も含めて)を止めないからです。もし人間がこのような行いをやめて、自然を守ろうとするのであれば、人間はウイルスによって傷つかずにすむようになるかもしれません。師の話を簡単に要約すると、以上のようになります。

新型コロナウイルスが収束したあとには、また日本、そして福岡に行くことできればいいなと思っています。

キャンディ・バード


What are you doing at home? - Asian Artist Ver.

04. Candy Bird (artist | Taiwan)



Born in 1982. Lives in Taipei, Taiwan.

[Residence] Feb 18, 2019〜Mar 29, 2019

Activities during the residency
Since 2017, the artist has carried out the project, The Others, in various places in East Asia. The artist interviews the migrants or the people with a sense of alienation, invites them to write about their personal story, and turns it into a mural. During his stay in Fukuoka, Candy Bird found a local collaborator through an open-call, and they communicated through interviews and email correspondences. In the end, the artist completed a series of murals based on the stories written by the collaborator.


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020.05.04

Thank you for your mail. I appreciate it, and we should be more connected to each other in this challenging time.

I'm in Taipei now. Since the situation has been not that bad, we feel that we are lucky living in Taiwan. Daily life is still going on as usual. Museums and galleries are still open. I saw some political dramas on the internet in terms of COVID-19 between Taiwan and the WHO. Maybe it would be the only bad thing.

Recently I did my solo show in Taipei from March to next Saturday (May 9). Due to COVID-19, the gallery took strict measures: Checking the body temperature, wearing masks, and asking a real-name booking for the audience before visiting. Everyone who came to my opening wore masks at that time. It's an unusual and unique experience for me. In the end, my exhibition turned out well.

I will join a group exhibition at the Chiayi Art Museum this summer. I'm now preparing my art project for the show, which is about Chiayi's history. Chiayi city has a unique position in Taiwan's art history (and it is also famous for baseball). There are some prominent artists born there in the last century around the period of Japanese rule.

Regarding the anti-epidemic measures in Taiwan, due to the no-trust about foreign country's information, the government had established its anti-epidemic system at a very early stage. Besides that, Taiwan had the SARS experience around 2003, and Taiwanese people still remember the bitter memories during that time. Now the situation of Taiwan seems to be getting better. Today (5/4), there is only one case confirmed. But, of course, I'm still a little bit worried about it. And I hope it will be better and better around the world.

My Buddhism master is RinchenDorjee Rinpoche. As he told, the Buddha explained to us how life on earth is born with senses. According to Buddha, life to be categorized into viviparous (born during pregnancy), oviparous (born from eggs), and moist (it grows in moist, watery, and humid places, such as dust mites.) There is also another kind of metaplasia; the change comes out without the reincarnation in the middle; the virus can be categorized into the last.

Viruses hurt human bodies because humans do not stop killing and harming animals (such as eating their meat). If people could stop to do so and protect the environment, people may be able to obtain an opportunity to avoid hurting from the virus. This is a brief description of what my master told me.

I hope I could go to Japan and Fukuoka again after the end of the COVID-19.

Candy Bird




0 件のコメント:

コメントを投稿