2019年10月28日月曜日

呉天章《春宵夢Ⅳ》の歌を調べてみた

1025日のFB投稿でお知らせした、ARTNEの記事に出てくる呉天章作品に使われた音楽について、ウィキペディアや中国語検索サイト「百度」検索などで調べてみました。
歌手名・タイトルから動画にリンクしてます。

原曲 曾根史郎(朗)『初めての出航』 富田一雄作曲 吉川静夫作詞 1958
なんと男性による歌唱でした。
曾根史郎=1930年生まれ。ポリドールからデビュー、のちビクターレコードに移籍。1956年、『若いお巡りさん』が歴史的な大ヒット。同年、同曲でNHK紅白歌合戦に初出場。紅白歌合戦には4回連続出場。『初めての出航』は1958年の第9回紅白歌合戦で歌われた。2008年、第50回日本レコード大賞で功労賞を受賞。(ウィキペディアより) 

作品に使われた陳芬蘭『快楽的出帆』(快樂的出帆/的出帆) 1958
台湾の陳坤岳(筆名・蜚声)が台湾語閩南語に訳すが、原曲歌詞の「かもめ」のみ「卡膜咩」と音訳する。姪の陳芬蘭(当時10歳)に歌わせて人気曲となる。台湾らしい海の題材と明るく活気のあるメロディーにより多くの女性歌手にも歌われた。
陳芬蘭(1948年生まれ 中国語、台湾語の歌の歌手。「台湾の美空ひばり」と言われる。8歳でデビュー、14歳で台湾人歌手として初めて日本の歌謡界に登場。《月亮代表我的心》のほか『快楽的出帆』でも知られる。

テレビ映像 テンポがはやい!

ハワイアン風?の変な編曲と時代を感じさせるカラオケ映像。かなりイマイチな俳優さんたちですが(笑)、歌っているのはなんとゴージャスにも鄧麗君=テレサ・テンです! さすが声が可憐で美しい! なのにこの映像!(笑)

ゴージャスさをかんちがいしてます!! 
原曲の雰囲気台無し(笑)!!!

ところで
「じゃあなぜ呉天章はこの曲を使ったんだ?」 
……えー、それはまたあとで。

(ししお)

0 件のコメント:

コメントを投稿