2017年1月27日金曜日

2/4、3/11 滞在中の研究者、テッサさんのトーク開催します☆

あじび美術講座2017 
◎連続講座◎フィリピン現代美術入門




平成28 年度第Ⅲ期レジデンス・プログラムで、現在当館に滞在中のテッサ・マリア・タン・グアゾンさんに、フィリピンのアートシーンについて、2 回にわけてお話ししてもらいます。フィリピン現代美術の最新動向について知る絶好の機会です。ぜひご来場ください。


① 2月4日(土)
場をつくる手法~フィリピンのインスタレーション
[会場:交流スタジオ(8 階)]

② 3 月11日(土)
アートと地域~福岡、フィリピン、東南アジア
[会場:あじびホール(8 階)]

①②とも
時間:14:00 ~ 15:30 
入場無料/日・英逐次通訳/事前申込不要




[講師] テッサ・マリア・タン・グアゾン
       Tessa Maria Tan Guazon
1973 年生まれ、ケソン(フィリピン)在住。フィリピン大学ディリマン校准教授。福岡では、当館のコレクション、アーカイブなどを使って、1970 年代以降のフィリピン現代美術について調査をおこなっている。( 滞在期間:1 月11 日~ 3 月21 日)






0 件のコメント:

コメントを投稿