2016年11月10日木曜日

タワン・ダッチャニー夫人来館

本日(11月10日)、タイのアーティストでアジ美の所蔵作家・福岡アジア文化賞受賞者のタワン・ダッチャニー氏(1939~2014)の奥様、Thipchart Wannagulさんがアジ美に見えられました。あの強烈なカリスマ性とエネルギーに満ちたタワンさんとは対照的に?!とても温和で素敵な方でした。

Today (10 November), we had a special guest from Thai: Thipchart Wannagul, spouse of Thawan Duchanee, a Thai artist and laureate of the Arts andCulture Prize of the Fukuoka Asian Culture Prizes. Fukuoka Asian Art Museum holds some of his works. While the works of Thawan Duchanee is full of charisma and energy, Ms Wannagul was very soft lady :)


アジ美の森館長(右)におみやげを渡すティプチャーさん(左)。
タワンTシャツ(こわ~)を着ているのは
元国際交流基金バンコク事務所のスタッフ、Duangchai Meekungwanさん。
Director Mori (right) receives gifts from Ms Wannagul (left).
The lady with Duchanee T-shirt (kind of scary...) is Ms Duangchai Meekungwan.

アジアギャラリーで展示中のタワン作品の前で。
In front of the Duchanee's work in the Asia Gallery

福岡市美術館の個展のために来日し、
市美の学芸課で打ち合わせ中のタワンさん(1990年2月2日)。
うしろに第3回アジア美術展(横尾忠則デザイン)のポスターが。(撮影=黒田)
Tawan Duchanee who visited Fukuoka 
for his solo exhibition at Fukuoka Art Museum (2 February 1990).

 福岡市美術館ニュース「エスプラナード」(1990年3月号)掲載の講演レポート。
右下の写真の作品「未来」もアジ美所蔵。
Lecture report on the FAM's newsletter "Esplanade" (Issued in March 1990).
The work on the lower right, "Future" also belongs to FAAM collection.



0 件のコメント:

コメントを投稿