2020年7月27日月曜日

#おうちであじび 🎤おうちで何してる?(アジアのアーティスト編)🎤 Vol.06

※English below※

本シリーズでは、レジデンスプログラムや展覧会であじびに滞在したことのあるアーティストに、今住んでいる街の様子や自身の状況、また現地での芸術活動についての報告を紹介していきます。第5回目は、シンガポール在住のアーティスト、ウェイ・レン・テイさんからの現地報告です。

第5回:ウェイ・レン・テイ (アーティスト/ シンガポール)



ウェイ・レン・テイ
1978年、シンガポールに生まれる。都市の息づかいやそこに暮らす人々の生活を切り取る写真を制作している。【作家ホームページ 】「wei leng tay

[招へい] 2009年1月13日〜2009年3月29日

滞在中の活動
福岡に住む22組の人たちの自宅で撮影した生活感のある写真と、同じ人たちを当館の撮影室で撮影した写真(成果展ではモニターテレビで上映)からなる「ここからどこへ」を制作した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020年7月13日

今日は2020年7月13日。「ブレーカー」(政府がロックダウン規制の実施をスタートさせ、ほとんどが閉鎖された際の部分的ロックダウンの名称)の初日から98日が経ちました。政府が「ブレーカー」と名付けたのには、2週間の潜伏期間を単位として感染のサイクルを断ち切るという考えがあったからです。「ブレーカー」は数週間前に終了し、現在はロックダウン後の第2段階に入っています。新しい日常の中で物事が続いています。

ロックダウン中のオーチャード通り

シンガポールにおける新型コロナウイルスはまず、移民労働者の寮内で爆発的に増加し、狭い環境が感染の悪化をもたらしました。8週間に及ぶ「ブレーカー」ロックダウンのあいだ、人々は外に出ず、家にじっとしているようにと通知がありました。ほとんどの店、美術館、博物館、ショッピング・モール、劇場は閉鎖され、世界のほかの地域と同様に、オフィスで働く人の多くは在宅勤務に移行しました。第二段階の今でも彼らの多くは在宅勤務を続けていると思います。

長年自宅で仕事をしてきた私のような人間にとって、在宅勤務への移行自体はそれほど大きな変化ではありませんでした。2ヶ月近く自分のスタジオに行けませんでしたが、自宅で仕事を続けることはできました。ただ「ブレーカー」の途中、グラウンドホッグ・デー(訳注)のように感じ始めた日々の単調な繰り返しから気を紛らわしに行く場所がどこにもない、ということにいら立ちを感じるようになりました。知らない場所への散歩はすっかりお馴染みとなり、コーヒーのテイクアウトはスリル満点の冒険になりました。「ブレーカー」のあいだ、他人の家に行くことは許されませんでした。第1段階で、ようやく両親への訪問が許可され、一日に二人までの訪問が許されていました。第2段階では5人までが訪問可能になりました。レストランでは自分以外の 4 人まで一緒に座って食事をすることができます。

(訳注)「グラウンドホッグ・デー」は北米で2月2日に春の訪れを占う天気占いの日。リスに似た生き物グラウンドホッグが冬の終わりを予感して冬眠から目覚めることから。

シンガポールでは、公園、店、ショッピング・モール、ギャラリーに行ったり、コーヒー買ったりする際、いつ自分が出入りしたかを追跡できる「安全入場(Safe Entry)」と呼ばれるQRコードをスキャンしなければなりません。政府はスマートフォンにダウンロードする追跡アプリを導入していましたが、普及率が低くあまり効果がありませんでした。そのため、全員が携行する追跡装置を作っているところです。このプログラムは、6月末から高齢者向けに開始される予定です。

「安全入場(Safe Entry)」のQRコード

ロックダウン中、私は市内で起きていることを知るために地元の新聞社のオンラインニュースにこれまで以上目を通すようになりました。「ブレーカー」の期間中、友人の家への訪問、勉強での集まり、マスクの不適切な着用やソーシャル・ディスタンスを守らないことで、どのように罰金を科せられたのかという内容の記事を数日おきに目にするようになりました。5月下旬には、フェイスブックに(他の人が)投稿した外出時の写真が原因で、ソーシャルディ・スタンスのルール違反で起訴された外国人グループがいました。この規則を破ると、重い罰金や懲役、強制送還が科せられることになります。

先週の金曜日は投票日で、選挙区ごとに新しい政権を選出しました。ロックダウンから解放されたばかりの6月上旬には、地元ニュースに選挙関連の記事が出始めました。印刷会社が選挙資料の注文を受け準備をしているという話や、新型コロナウイルスのなかでの選挙運動の手順についての記事が出てきました。6月24日には、7月10日に選挙が行われることが発表され、そして選挙が終わりました。

製作中の作品

時間を長く感じることは多々ありますが、あっという間に過ぎてしまいました。6月がすでに何ヶ月も前のことのように感じるとともに、まだ半年しか経っていないことも信じられません。この状態がいつまで続くのだろうか、そう思ってしまうのです。

                                                                                             ウェイ・レン・テイ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

What are you doing at home? - Asian Artist Ver.


06. Wei Leng Tay (Artist | Singapore)




Wei Leng Tay (Born in 1978, Singapore)
 (Artist homepage "wei leng tay")

[Residence] Jan 13, 2009〜Mar 29, 2009
Activities during the residency
Wei Leng Tay created a series of photographic works "Where Do You Go from Here?" capturing twenty-two models at their own house and at the museum.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020.07.13

Today is July 13, 2020. It’s been 98 days since the first day of the Circuit Breaker here (that’s the name of the partial lockdown we had when most things were shut down and when they started implementing the lockdown rules). The government named it Circuit Breaker because it was supposed to break the cycle of infection, and was based on two-week incubation period increments. The circuit breaker had ended a few weeks ago, and we are now in Phase two post-lockdown. Things continue in this new normal.
Orchard Road 

In Singapore, the COVID-19 numbers exploded when the virus started spreading in migrant worker dormitories with cramped conditions that exacerbate transmission. During the eight-week circuit breaker lockdown, people were advised not to be outside, and to stay at home. Most stores, museums, malls, theatres were closed. Much of society for many who work in offices, like in other parts of the world, transitioned to work-from-home situations. Now, in phase two, many office workers still work from home I think.

For someone like me who has for years worked from home, that transition was not too much of a change. I could not go to my studio for almost two months, but I could continue working at home. What was frustrating was perhaps not having anywhere to go to distract oneself from the daily routine, which sometime toward the middle of the circuit breaker started feeling like Groundhog Day. Even long walks to unfamiliar places became familiar. Take-out coffee became a thrill. During the circuit breaker, we were not allowed to visit other people’s homes. In phase one of coming out of the circuit breaker, we could visit our parents. They were allowed to have two visitors a day. Now, in phase two, one can have up to five visitors at home. One can sit with four other people for a meal at a restaurant.

When we go around in Singapore, to parks, shops, malls, galleries, to get a coffee, we have to scan a QR code called Safe Entry when we enter and when we leave so that our movements can be traced. The government had introduced a tracing app to be downloaded to the smartphone, but the uptake was too low to be meaningful. They are therefore in the process of producing tracking devices that everybody will have to carry. The program started at the end of June for the elderly.

A QR code of "Safe Entry"

I started reading online news by local news outlets more during the lockdown to find out what was happening around the city. Over the course of the circuit breaker, I would every few days see articles about how someone was charged for visiting a friend’s home, studying together, not wearing their mask properly, not social distancing properly. In late May, a group of ex-pats was charged for breaking social distancing rules because of a Facebook posting (by someone else) of a photo of them hanging out. Here, breaking those rules result in heavy fines, jail time, or deportation.

Last Friday was polling day when we elected our new government by the district. In early June, when we had just exited the lockdown, articles related to the election started appearing in the local news. We were told printing companies were ready if they received orders for election material, articles about campaigning procedures during COVID-19 appeared. On June 24, it was announced that elections would happen on July 10. And then it was over.

Ongoing artworks

Time has often felt long, and yet it has passed quickly. June now feels like months ago; I cannot believe only half the year has passed. I wonder how long this condition will last.

                                                                                                     Wei Leng Tay